性能・工法

PERFORMANCE

画像

基礎パッキング工法

基礎と土台の間に換気ができるパッキンを挟む工法。
これにより全周換気で床下全域を乾燥させシロアリを寄せ付けない環境を保ちます。
また従来の工法では、基礎に換気のための開口部を設けなければならず、基礎の耐力も低下してしまいますが、基礎パッキング工法では、基礎に開口部を設けないため耐力低下せずに床下換気が可能です。

画像

画像

画像

大壁造り(金物工法)

画像
大壁造りとは、柱や梁を覆い隠しフラットな壁に仕上げる工法です。すっきりとしたデザインとなり配線や配管なども天井で隠せるので設計プランの自由度も高まります。
大壁造りの場合、コタニ住研では構造設計(全ての建物で許容力度計算を実施)からプレカット納材まで一貫したシステムであるNK工法を採用しており、耐震等級3を取得することが可能です。NK金物と呼ばれる接合金物を使用することで土台、柱、梁の断面欠損を少なくし、高い強度を維持することができます。


真壁造り(在来軸組工法)

画像
真壁造りとは、柱や梁などを現しにした古くから日本の建築に用いられてきた工法です。
木が現しになっている分、室内の湿度調節の効果も高まり、日本の気候風土にあった造りと言えます。
真壁造りの場合、コタニ住研では南九州産の杉を音響熟成庫にて常温乾燥させた無垢の構造材(音響熟成®木材)を使用した在来軸組工法を採用しております。音響熟成木材は、圧縮、引っ張り、曲げなどの強度性能についても、第三者機関による高い評価を得ており、無垢材ならではのしなり強さがございます。


温熱環境と断熱(パッシブデザイン)

画像
冬には気温がマイナスになることもある三田市だからこそ温熱環境にはこだわっています。軒の出を深くすることで、夏の日差しは遮り、冬の陽だまりは取り入れる工夫をするなど、お施主様の暮らし方やその土地に合わせたご提案をいたします。
断熱材は、大壁造りや真壁造りの工法や建築場所に合わせ最適なものをご提案し、サッシはアルミ樹脂複合Low-E複層ガラスを標準仕様としています。

性能(BELS)

画像コタニ住研ではご希望によりBELS(ベルス)による性能表示制度を取り入れております。
BELSとは、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認定制度の1つです。☆1つ~☆5つ(☆5が最高ランク)まであり、一目で住宅の省エネ性能がわかるようになっています。コタニ住研では、お客様のご要望により☆3~☆5に対応した仕様をそれぞれ設けております。


Copyright © KOTANI JYUKEN All Rights Reserved.